『ラブレター』レビュー!

日本製ボードゲームの名作との呼び声も高い、『ラブレター』というゲームを最近遊びました。

created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥1,490 (2019/07/20 18:59:41時点 Amazon調べ-詳細)

日本ボードゲーム大賞2012の大賞受賞や、ゴールデン・ギーク賞2013で4冠を達成するなど、数多くの賞を受賞しています。

今回は、『ラブレター』というゲームをプレイした感想についてお伝えいたします。

『ラブレター』ってどんなゲーム?

協力者たちの力を借りて、お姫様に恋文を届ける!

発売日2014年5月31日
発売元アークライト
対象年齢10歳以上
プレイ人数2~4人
プレイ時間5~10分
価格1,850円

プレイヤーはある城に住むお姫様に恋をした若者となり、城に仕える者たちの協力を仰いで、恋文を届けるのが目的です。

ほかのプレイヤーたちもお姫様を狙っているため、「兵士」「魔術師」「大臣」といったさまざまなカードを使って、ほかのプレイヤーを脱落させていきます。最後の一人になったら勝利です。

『ラブレター』の内容物

『ラブレター』に入っている内容物は以下の通り。

  • ゲームカード(16枚)
  • 追加カード(6枚)
  • 一覧カード(4枚)
  • テキストレスゲームカード(22枚)
  • トークン(12個)
  • 羽ペンタイル(1枚)
  • 説明書

基本となるゲームカードは、全部で8種類あります。

強さ名前効果
1兵士対象のプレイヤーに「兵士」以外のカード名を1つ宣言し、手札と一致したら脱落させる。
2道化 対象のプレイヤーの手札を見る。
3騎士対象のプレイヤーとあなたの手札の強さを密かに比較し、強さの小さい方を脱落させる。
4僧侶あなたの次の手番まで、あなたへの効果を無効にする。
5魔術師あなた、もしくは対象のプレイヤーは手札を捨て札にし、山札からカードを1枚引く。
6将軍対象のプレイヤーと手札を交換する。
7大臣手札の強さの合計が12以上である場合、あなたは脱落する。
8このカードがあなたの捨て札に置かれた場合、あなたは脱落する。

それぞれのカードには「強さ」と「効果」が存在。詳しいルールは後述します。

また、基本カード以外にも効果が異なる追加カードが6枚入っているので、ゲームに慣れたら追加カードで遊ぶことも。

追加カード一覧は以下の通りです。

強さ名前効果
なしこのカードが手札にあるばあい、あなたは脱落する。
8王子このカードがあなたの捨て札に置かれた場合、あなたは脱落する。
8姫(眼鏡)このカードが手札にあるときに脱落した場合、山札からカードを1枚引いて復帰する。
8姫(ショート)このカードがあなたの捨て札に置かれた場合、あなたは脱落し、即座にゲーム終了する。
7女侯爵手札の強さの合計が12以上である場合、あなたはこのカードを場に出さなくてはならない。
8伯爵夫人このカードは場に出すことが出来ない。山札がなくなったとき、あなたは脱落する。

ちなみに説明書を読むと、各キャラクターに年齢や性格といった設定がきちんとされているのがわかります。これを読むだけでも楽しいですね。

画像は「姫」のキャラクター説明

基本カード、追加カードは効果が書かれていない「テキストレスカード」もあります。

ルールや効果を把握したら、テキストレスカードを使って『ラブレター』の世界観をより楽しむことも可能です。

ゲームのルール

勝利条件

次の①か②どちらかの条件が満たされた場合、ゲーム終了。

  1. 山札がなくなったとき
  2. 1人以外が脱落したとき

山札がなくなった場合は、脱落していないプレイヤーのなかで手札の強さが最大だった人が勝者です。

強いカードを手元に残しつつ、相手を脱落させていくのが目的です。

ゲームの進め方

まずは基本のゲームカード16枚をシャッフルし、山札を作ります。

そこから1枚カードを抜き出し、脇によけます(2人で遊ぶ場合はさらに3枚のカードを抜き、場に公開する)。脇によけたカードは使いません。

次に各プレイヤーは山札から1枚カードを引きます。

じゃんけん等でスタートプレイヤーを決めたら、ゲームスタート。

スタートプレイヤーは山札からカードを1枚引き、手札に加えます。

その後、2枚になった手札から1枚を選んで場に公開。出したカードの効果に従ったら、そのカードは捨て札になります。

手番が終わったら時計回りにプレイヤーを交代して、山札がなくなるか1人以外が全員脱落するまで上記の手順を繰り返します。

『ラブレター』をプレイした感想

相手の手札を推測するシンプルなルールでサクサク遊べる!

『ラブレター』最大の魅力は、シンプルなルールでサクサク遊べることだと思います。感覚としては、UNOやトランプに近い感じ。

ゲームの大まかな目的としては、「手札の効果を使って相手を脱落させること」です。。

「兵士」や「騎士」といったカードは相手を脱落させる効果があるので、これらを上手く使うのがコツ。

「兵士」の効果は「対象のプレイヤーに『兵士』以外のカードを1つ宣言し、手札と一致したら脱落させる。」というものなので、相手の手札を推測して狙いを定める必要があります。

そのためには、場にすでに出ているカードから残りのカードを推測したり、相手の手札を確認できる「道化」や「将軍」といったカードを駆使しなければいけません。

この駆け引きや読み合いが短時間のプレイで何度も楽しめるので、軽めのゲームながらボードゲームならではの醍醐味がしっかりと味わえます。

ルールも非常にシンプルで、一度遊べば誰でも簡単に覚えられるのもいいですね。

ボードゲームに慣れている人だと、すこし物足りなさを感じるかも

軽めに遊べるのが『ラブレター』の魅力ですが、その反面、ゲームがシンプルすぎるのでボードゲームに慣れている人だと物足りなさを感じるかもしれません。

正直、僕個人も最初に何度か遊んだときは楽しかったのですが、連続して遊んでいるとだんだんと飽きを感じてしまいました。

同じメンバーで何度も遊ぶタイトルというよりも、旅行や泊まりなどに持っていって、いろんな人と遊ぶ方が向いているゲームですね。

まとめ:ボードゲーム初心者にも最適!

『ラブレター』はとにかくシンプルでわかりやすいゲームなので、「まだボードゲームに慣れていない、遊んだことがない」という人にこそおすすめできるゲームです。

ボードゲームならではの読み合いや駆け引きが楽しめるゲームです。ぜひ一度遊んでみてください。

このゲームの評価
ルールの分かりやすさ
(5.0)
プレイ時間の短さ
(5.0)
駆け引きの面白さ
(4.0)
運要素の大きさ
(3.0)
デザイン性
(4.0)
価格
(4.0)
少人数でも楽しい
(4.0)
総合評価
(4.0)
created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥1,490 (2019/07/20 18:59:41時点 Amazon調べ-詳細)