『手洗いできるゲームマット』レビュー!ボードゲームを遊ぶなら必須のアイテム!

 

普段ボードゲームを遊ぶとき、どんな環境で遊んでいますか?

 

僕は足つきの小さなテーブルの上でやることが多いのですが、天板に直置きするとカードがめくりづらかったり、テーブルの汚れがコンポーネントについてしまったりといったことがありました。

 

カズキ

「このままだとプレイするたびにストレスがたまるなぁ・・・」

 

と思い、以前から気になっていた『手洗いできるゲームマット』を購入。僕が買ったのは72cm×110cmサイズのものです。

 

 

使ってみるとこれが超快適で、すっかりお気に入り。ボードゲームをプレイするときはいつも広げて遊んでいます。

 

今回は、『手洗いできるゲームマット』の素晴らしさについてご紹介いたします。

 

柔らかな触り心地が快適!

 

 

『手洗いできるゲームマット』は、フェルト生地のゲームマットです。僕が購入したのは「72cm×110cm」のものですが、そのほかにも「110cm×110cm」の正方形サイズや、「110cm×176cm」の大きめサイズなどが販売されています。

 

やや縦長のサイズなので、テーブルで使うにはもってこい。『カタン』のパッケージと比べるとこんな感じです。

 

 

4人掛けのテーブルなら、ゆったりと使うことができます。サイズ的には6人までがギリギリ。それ以上の人数で遊ぶにはちょっと小さいかもしれません。

 

厚さは1mmですが、触ってみるとけっこうしっかりとした印象。フェルト特有の柔らかさがあります。

 

 

商品名のとおり、『手洗いできるゲームマット』は水につけてそのままジャブジャブと洗濯可能。ボードゲームを遊んでいると、手垢やホコリでどうしてもマットが汚れてきてしまうので、丸ごと洗えるのは嬉しいですね。

 

折り畳めばかなりコンパクトになり、持ち運びにも便利です。僕も友だちの家などに持って行くことが多いのですが、カバンにすっぽりと入るサイズなので苦労しません。

 

 

ボドゲが遊びやすくなった!気分も盛り上がる!

 

 

正直、ゲームマットを買う前は、

 

カズキ

マットなんてあってもなくても一緒じゃない?

 

なんて思っていたのですが、実際に使ってみると、これがまったく別世界でした。

 

なんといっても、カードがめくりやすい。これまではテーブルに置いたカードをなかなか掴めず、「端まで滑らせてからめくる」ということが多かったのに、ゲームマットを使うようになってからそういったことが一切なくなりました。

 

フェルト生地で柔らかいので、カードを傷つけることなくスッとめくることができます。

 

また、カードだけでなくサイコロを振るのも快適になりました。テーブルに直接転がすと「コロンコロン」という音が大きかったのが、マットの上で転がすとほとんど音がしません。

 

 

フェルトがいい感じのブレーキになってくれて、「転がりすぎてテーブルの下に落ちた!」なんてこともなくなりました。

 

カードゲーム、サイコロを使うゲームはもちろん、『ナインタイル』などアクション系のゲームを遊ぶのにも最適。

 

テーブルの汚れを気にする必要がなくなったのも嬉しいポイント。テーブルの上って、コップの水滴が垂れてたり、食べたお菓子のカスが落ちてたりするので、ボードゲームを遊ぶには劣悪な環境なんですよね。

 

カードやコンポーネントが汚れるのが嫌で、毎回テーブルの上をきっちり拭き掃除してから遊んでいたのですが、ボドゲを遊ぶたびにいちいち掃除してから始めるのはメンドクサイ。

 

ところが『手洗いできるゲームマット』を買ってからは、

 

カズキ

「よし、ボドゲをやろう!」

 

と思ったら、サッと広げてすぐに始めることができます。

 

フェルト生地なので多少の水滴は吸い取ってくれますし、汚れても手洗いできるので問題なし。めちゃくちゃ快適に遊べるようになりました。

 

ゲームマットを敷くと”雰囲気”が出て、自然と盛り上がるのもいい。ちょとした上級者気分です。

 

サイトに載せる写真を撮るのにも最適!

 

 

これは予期せぬ効用だったのですが、ゲームマットを敷いてボドゲの写真を撮ると、見栄えがとても良くなりますね。

 

背景が緑一色になるため、カードやコンポーネントがはっきりと見えるようになります。サイトに載せる写真のクオリティも上がったような気がします。

 

ボードゲームを遊んでいる様子をブログやSNSに上げている人にも、ゲームマットはおすすめです。

 

まとめ:ボドゲを遊ぶならゲームマットは必須!

 

ボドゲを遊ぶのであれば、ゲームマットを1枚持っていても絶対に損はないと思います。

 

僕も『手洗いできるゲームマット』を買ってから、ボドゲプレイが格段に快適になりました。

 

一般的な家庭で遊ぶなら「72cm×110cm」のものを、レンタルスペースや公民館、カフェなどの大きなテーブルで遊ぶなら「110cm×176cm」のものがおすすめです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。